福島の海から、地球環境を体験できる水族館に行ってきた【アクアマリンふくしまの見どころ、写真28枚】

アクアマリンふくしまは「潮目の海」をテーマに掲げており、館内で再現した生物の生息環境でさまざまな体験ができる「環境水族館」です。

海のめぐみを守るために、科学の目線から海洋を知れる総合博物館に行ってきた【東海大学海洋科学博物館の見どころ、写真25枚】

東海大学海洋科学博物館は「海の科学」をテーマに掲げており、水族館の良さと科学博物館の良さを組み合わせた海洋に関する総合博物館です。

深海の世界を見に行ったら、3億5000万年前と変わらぬ姿のシーラカンスに出会えた!【沼津港深海水族館の見どころ】

沼津に行ったらシーラカンスに会おう!沼津市は静岡県伊豆半島の付け根に位置し、駿河湾に面している地域。沼津駅から2.5キロほど南下した場所に、「沼津港深海水族館」がある。

地球温暖化で「サンゴ礁」が消える?海の多様性を支えるオアシスがなくなる問題を考えよう

サンゴ礁が消えることは、私たちの生活にどう影響するのか。私たちの生活は、サンゴ礁と地球にどう影響しているのか。サンゴとサンゴ礁、二酸化炭素との関係を考えてみる。

海水温上昇も防げるかも。人工肉で、温室効果ガスをどうにかしようとしているスゴイ会社がある!

人工肉が地球を救うのか!?海についてまわる地球温暖化という難題に「常識をくつがえす食材開発」で立ち向かう会社「Impossible Foods Inc.」。その想いとは。

「EARTH HOUR 2019」に参加するということ ~海への想い、地球への想いが世界を変える~

「環境問題への意志を世界中でいっせいに表現しよう」という一大イベントが、2019年3月30日に開催される。

【神奈川県小田原市】生命の星・地球博物館に行ってみた|海を知るために、地球全体を過去から現在まで幅広く知ろう!

小田原は神奈川県のほぼ南西端にあり、少し西へ行けば箱根がありながら相模湾に面している地域。有名な小田原城から西へ4キロほど進んだ場所に、「生命の星・地球博物館」があります。

海が抱える課題解決へ ~ 低炭素社会へ向けた自動車業界だからこそできる仕事 ~

三菱自動車の欧州部門より、太陽光で発電したエネルギーを車と家の両方に蓄電できるパッケージが発表されしました。低炭素社会の実現に向けて、自動車業界だからこそできる仕事があるようです。

地上だけでなく、海でも猛暑で魚たちが大変なことになっている!

日常生活に支障をきたすレベルの猛暑が近年頻発しているのはご存知の通りですが、海の中でも猛暑となっています。

9割の食塩にマイクロプラスチックが含まれているという事実

海からとれる「塩」にプラスチックが入っていたなんて! マイクロプラスチック&塩の … Read More

ビーチの澄んだ夜空を見上げたくなる本

星空に関する様々な疑問を、キレイな写真と分かりやすい文章で教えてくれるビジュアル … Read More

1 2